椅子と照明

December 7th, 2017

Main.001-14ソリッドなブラックカラーがそれぞれにフォルムを引き立てています。柳宗理のエレファントスツールはコトブキ社製のヴィンテージ。フランスのマシュー・マテゴがデザインしたランプバクダッド。他にはアッキレ・カスティリオーニのランプや、ピエール・ゴーティエ・ディレイの椅子を紹介しました。椅子と照明のラインナップ、ぜひご覧ください。更新アイテム >>

Yabu Exhibition

December 2nd, 2017

Dsc06836YABUの展示会が本日からスタートしました。
白い画面に並ぶYABUの新作、organとのコラボ作品、プロダクトをぜひご覧ください。
EXHIBITION >>

実物は、作家のアトリエ Naoki Yabu Painting Room でご覧いただけますので、この機会に是非足をお運びください。
organ コラボ作品のみ、organ店頭に展示しております。
instagram @laboratory_work00

Monica Castiglioni

December 1st, 2017

Imgp3004モニカ・カスティリオーニのリングが新しいアイテム含めて入荷しました。
Jewelery >> Monica Castiglioni

Yabu Exhibition “small crafts on a milky sea”

November 19th, 2017

1.001-13
News幅490-12
2017122日(土)– 10日(日) 
News幅490-11
Yabuさんが、動物園近くのパレスチナホテルから、
平尾に降りてきて、アトリエ兼ギャラリー兼すみかを開きました。
ついに、世間にマミレル覚悟を決めたのです。
新作、旧作、試作、傑作が、築40年のビルの一室に花開く!
とうぜん、ここは、まず、見学でしょう。
みんな、売る覚悟、買う覚悟。
武末充敏 organ
News幅490-8
会期中はorganのウェブでも新作をご覧いただけます。
なお、organ店頭ではYabuさんとのコラボ作品の展示もします。
News幅490-9
会場:Naoki Yabu Painting Room
福岡市南区市崎1-1-5-303
13:00−19:00 月・火曜日休み
News幅490-10
organ
福岡市南区大橋1-14-5 Take1ビル4F
 Tel 092−512−5967
13:00−19:00 月・火曜日休み

『MORE THAN YESTERDAY / Noritake』 原画展

November 19th, 2017

Mty Dm Omote2016 年 5 月より、雑誌『& Premium 』( マガジンハウス ) でスタートした岡本仁氏に よる連載エッセイ『18 MILES OF BOOKS 果てしのない本の話』の第 1 話から 2017 年 11 月号の第 17 話までに、Noritakeが寄稿した挿絵と英字をまとめた冊子『MORE THAN YESTERDAY/イラスト・Noritake  文・岡本仁』の刊行を記念した原画展を下記日程で開催します。 冊子にあわせ制作された T シャツ、トートバッグもならびます。
organでの開催は12月13日から24日、クリスマス・イヴまで。みなさんのご来場をお待ちしています。
※販売済の一部原画の展示はおこなっておりませんので、ご理解の上、ご来場ください。

2017 年 11 月 18 日 ( 土 )〜12 月 3 日 ( 日 ) cifaka

2017 年 12 月 13 日 ( 水 ) 〜24 日 ( 日 ) organ 

cifaka  岡山市北区石関町 6-3 2F 086-236-0165  cifaka.jp 
organ  福岡市南区大橋 1-14-5 TAKE1ビル 4F 092-52-5967 organ-online.com 
http://noritake.org/works/000169.html

帰ってきた「夜間学校」

November 17th, 2017

Newwave17ニューウエイヴがやって来る、ヤア!ヤア!ヤア!”
クリスマス前に、ワクワクのイヴェントをやります。
ROVAの小柳帝とorgan店主ふたりが、ラジオDJスタイルで繰り広げるニューウェイブ・ナイツ。
「音楽は、自分のためにある」とばかりに、世界同時多発的に起こったムーヴメント。それは音楽だけではなく、アート、ファッション、カルチャーを一変させる出来事でした。さて、何が、どうして、なぜに彼らは行動に出たのか。お待ちしています。

DJ & トーク:小柳帝 & 武末充敏

1215日(金)19:30会場 20:0022:00
1500
円(inc.1ドリンク)
場所:TAG STA
福岡市中央区春吉1-7-11 スペースキューブ1F
tel.092-724-7721

1980年代、ロンドン、ブリュッセル、ベルリン、NYTokyoなどでスパー クした音楽がありました。レコード会社に頼らず、手持ちの楽器と個人的なイデアが勝負。録音はベッドルームやガレージでOK、ジャケットデザインや衣装、 プロモーションも、自分たちのセンスがすべて。今ではアタリマエかもしれないけど、それは、既成のやり方にとらわれない、まったく新しいカルチャー革命 だったのです。
そんな時代に出会ったふたり、小柳帝と武末充敏。時はバブル!六本木のWAVEや福岡のタワーレコードでは、世界中から集まった アーティーでインディーなレコードが並んでいました。当日はラジオのディスクジョッキー・スタイルで、当時のスリルとワクワク感を、脱線せず 、おすそ分けします。

予約・お問合せ:organ tel.092-512-5967 info@organ-online.com

小柳帝 Mikado Koyanagi
ライター、編集者。映画・音楽・デザインなどの分野を中心に執筆活動を行う。主な著書・共作に、『モンド・ミュージック』、『ひとり』、『ROVAのフレンチ・カルチャー A to Z』、『小柳帝のバビロンノート』、翻訳書に『ぼくの伯父さんの休暇』など。

武末充敏 Mitsutoshi Takesue
70年代にバンド「葡萄畑」でデビュー、3枚のアルバム発表。80年代、タワーレコードKBCでバイイング、また、「Flat Face」名でアルバム発表。90年代、インディ・ショップ「organ」をスタート。内外から選んだ家具屋オブジェを、「靴のままの生活」をテーマに展開。小柳帝とは1985年のFMラジオ番組「RADIO DADA」以来の友人。

Erik Hoglund

November 11th, 2017

Dsc06616スウェーデンのガラス作家、エリック・ホグランの作品が入荷しました。モダンとクラフトの狭間にある意匠とテクニックで作られた様々なアイテムを、ぜひご覧ください。

Erik Hoglund>>

Raymond Savignac

November 1st, 2017

Img 2423-1
20世紀を代表するフランスのポスター作家レイモン・サヴィニャックの、直筆サイン入り限定セリグラフ作品。一風変わった作品類は1972年に発表されたもので、いわば、グラフィカルなスローガンとでもいえそうな、社会的メッセージ性が強いものばかり。一般的に知られるサヴィニャックのカラフルでユーモアたっぷりのポスターとは一線を画するセンセーショナルな作品は一見の価値ありです。
Raymond Savignac >>

sabieの洋なし

October 29th, 2017

Dsc06330 “sabie”の花田智枝子さんに今回は洋なしを作ってもらいました。
ひとつひとつをすべて手で象っているオーナメントは一種の彫刻です。青・黒リンゴともまたひと味ちがう風合いを、ぜひご覧ください。
sabie>>

Various!

October 27th, 2017

0000オラヴィ・ハンニネンのマガジンラック。リサ・ラーソンのハンギング・タイル。ロジェ・カプロンの小さなタイル作品 etc..
今回はいろんなアイテムを(おもには北欧から)、まぜまぜっと更新しました。
更新アイテム >>